愛犬が肝臓病に侵されないようにする工夫とは

飼育の専門家

女性

躾にはプロの助言を

プードルには、スタンダードをはじめミディアムやミニチュア、トイといった4サイズがあります。いずれのサイズも、犬種は同じプードルです。トイプードルは、4種の中で最も小さく、体高が28センチ以下とされています。トイプードルの歴史は意外に古く、15世紀のヨーロッパ絵画に登場しています。その後もフランス貴族の間で人気が高まり、世界中に広まりました。トイプードルは、非常に知的レベルが高く、より良く躾を行えば、愛情深く、家族という集団の中でも行儀よく振る舞えます。しかし、トイプードルは外見に似合わず、とても、活発で好奇心旺盛です。そのため、運動不足やストレスで、家の中を荒らすような行動も見られます。トイプードルを暴走させないためにも、確実な躾が必要です。より良い躾を行うためには、個体の購入はブリーダーから手に入れるのがお勧めです。販売個体について熟知しているブリーダーの存在があることで、犬の躾のバックアップが受けられることになります。犬の子供の時の性格や行動に見合った躾ができるようなアドバイスも受けられます。また、躾や生育管理には、犬の特徴に見合ったケアも重要です。トイプードルの体毛は抜けにくく、細かいカールした毛が絡まりやすい特徴があります。体毛のケアには、頻繁なブラッシングも重要です。寒冷期以外は体毛をカットすることもお勧めです。それらの情報やタイミングをブリーダーから入手することで、トイプードルの飼育環境は良い方向に変化させることができます。トイプードル初心者であれば、ブリーダーの存在は尚更重要です。