愛犬が肝臓病に侵されないようにする工夫とは

飼育の専門家

トイプードルの躾には根気が必要です。体力が強く好奇心旺盛な犬に手を焼くことも屡です。トイプードルの躾をより良く行うには、ブリーダーから手に入れることです。個体情報に詳しいブリーダーがいることで、躾やケアの情報を得ることができます。

肝臓の病気は早期に治療を

獣医とドッグ

食事管理が回復を早める

肝臓は、健康を保つのに非常に重要な働きをしています。肝臓の働きで最もよく知られているのは解毒で、外から入り込んだり体内で発生したりした有害物質を無害化し、体外に排出します。また、摂取した栄養分を吸収しやすい形に変えて身体のすみずみに送り込む代謝という機能や、血液の合成する機能も持っています。こうした肝臓の働きは、人間も犬も同様です。肝臓が病に冒されると、全身の健康に重大な影響を及ぼすおそれがあります。犬が肝臓病を発症した際の代表的な症状としては、食欲不振・体重減少・嘔吐・下痢などがあります。重症化すると歯茎が白目の部分が黄色くなる黄疸と呼ばれる症状が出ることもあります。こうした症状の兆候が少しでも見られた時は、すみやかに獣医の診断を受ける必要があります。また、犬の肝臓病は血液検査で発症が分かることが多いため、定期検診の受診はとても大事です。犬の肝臓は再生力が強いため、早期の肝臓病であれば投薬治療を受けながらしっかりホームケアをすれば、完治させることが可能です。中でも栄養管理は、肝機能を回復させるのに非常に有効なケアです。肝機能の改善に良いとされている栄養成分には、亜鉛・アルギニン・L-カルニチンなどがあります。これらの成分には、肝臓の働きをサポートする作用があります。また、タンパク質や炭水化物はできるだけ消化の良いものを与えるようにします。肝臓の負担をやわらげ、肝臓病からの立ち直りを早める効果が期待できます。

最後のお別れ

ペットが亡くなれば以前は自宅の庭や河川敷に埋めていましたが、今は火葬する飼い主さんが大阪でも増えています。ほとんどのペットは種類を問わずにペット火葬業者に依頼できますが、事前に確認しておくとより確かです。

人気の高いミックス犬

マルプーはマルチーズとトイプードルを組み合わせたミックス犬で、最近人気が上がってきている犬種であり、初心者にも育てやすいといわれています。飼い始めたその日からしつけはしっかりと行うことで、マルプーは飼い主の言うことを理解するようになります。